DJ BAKU
pop-group
DJ BAKU
UPDATE : 2014/12/06

DIS-LIVE Vol.1 DJ BAKU×HUNGER×mabanua×Kan Sano!!

dislive

 

DIS-LIVE Vol.1

「DIS-LIVE(ディスライブ)」は日本で産まれた新しいライブの形。
「ディスカッション+ライブ」というスタイルで、音楽の聴き方を劇的に変えていきます。

第一回目は日本のトップDJ、ラッパー、ドラマー、キーボーディストによるセッション!

テーマは「ビート」
ミュージシャンが考える「ビート」
DJが曲をつなぐ際の「ビート」の解釈
ラッパーが「ビート」に対してどうやって言葉を置いているか
といったそれぞれの立場からの「ビート」論を展開します。

 

■場所:渋谷コンシールギャラリー http://galleryconceal.wix.com/gconceal#!contact/czpl
■日時:2014年12月14(日)17:00 OPEN 18:00 START 20:00 END
■出演者 DJ: DJ BAKU / DRUM: mabanua / Key. : Kan Sano / RAPPER : HUNGER(GAGLE)
■Fee:予約 ¥1,500 (+1ドリンク¥500)/当日券 ¥1,700 (+1ドリンク¥500)
■予約方法:・お名前、人数を明記の上、info@ori-gami.comをお送りください。
■詳細: http://dis-live.com
■主催:POPGROUP / origami PRODUCTIONS

 

 

DIS-LIVEとは?

ミュージシャンとリスナー、それぞれに聴こえている「音」は果たして同じなのでしょうか?
音楽に入り込んでいくと「歌メロ」や「歌詞」だけでなく、興味深い要素が数多く隠されている事に気が付きます。

もちろん音楽は思い思いに、自由に聴いてもらえればいいのです。
でも、ほんの少しでいいから、今より深く音楽を理解できたら、きっと聴こえてくる音は増えるはずです。

音楽の理論は非常に難しく、ハードルが高いものだと思われがちです。
中途半端に語ると恥をかくのではないだろうか?というイメージもあります。

いきなりコード理論のような難解なものではなくていいのです。
音を楽しむ為の、ちょっとしたコツさえ分かれば、より楽しめるんです。

例えばGENIUSというサイトをご存知でしょうか?
HIP-HOPのリリックを掲載し、みんなでその意味を語り合うというSNSです。
今では ファンだけでなくNas, RZA, Kendrick Lamarなど数多くのラッパーも参加し、
自らの新曲の歌詞をファンに向けて解説したり、コメントを返信するなど、コミュニティ内でファンと対話をしています。

例えば「ボールをバットで打って走る」という理解だけで野球を観るのか
深い部分まで理解して観るのか、それによって楽しさは全く変わってきます。

DJのスクラッチにはいくつの技法があるのか、なぜあの曲の後にこの曲をつないだのか?
あのドラマーはなぜここでフィルを入れたのか?
あのシンガーはなぜこの譜割りで歌詞を入れたのか?

DIS-LIVEはアーティストの”Dis”cussion(ディスカッション)とLive(ライブ)が1つになった新しいスタイルのイベントです。
これから行われるライブのどこを聴いて欲しいのか?アーティストにとっての聴かせ所はどこなのか?
そのディスカッションを経て観るライブを是非体感してください。

音楽を自由に楽しむ為にも、アーティスト自身の声を聞き、音楽のマナー、ルールを知る事。
それによって今あなたが聴いているアルバムや、何度も観に行っているアーティストのライブから
全く違う音が聴こえてくるかもしれません。